40代になるとかさかさが顕著に

MENU

40代のお肌に影響するもの・・・女性ホルモン

40代からのお肌は急速な衰えがあります。

それは加齢とともに減っていく女性ホルモンの影響です。
女性ホルモンの減少によって現れるのが更年期障害の症状。

 

うつっぽくなったり、急に「かあっ」と顔が熱くなったり、
身体の変化が顕著になります。
そのせいか気分が憂鬱になったりやる気がなくなったりします。

 

ただでさえホルモンのバランスの崩れで血の流れが悪くなっているのに、
気持ちの問題もあってお肌のことに構わなくなっていきます。
この年齢になるととにかく気になるのが肌の乾燥。
乾燥が続くとシワやシミ、たるみの原因にもなります。

 

ホルモンのひとつ「エストロゲン」の減少

また女性ホルモンの一種「エストロゲン」って聞いたことありますか?
このエストロゲンは肌の乾燥と大いに関係があります。
エストロゲンが減ってくると体内の水分保持力が低下します。
また汗腺や皮脂腺の機能が揺らぐためバリア機能もなくなっていきます。
水分を貯蔵するという能力が極端に低下していくため、
乾燥しやすい状態になっていくんですね。

 

シミが増えたり消えなくなったり、お肌のトラブルを呼ぶ乾燥。
・・・・ということはお肌を守るには自分自身で保湿に対して気を使うなど
日頃のケアや日常生活が必要ということになりますね。

 

乾燥肌によるトラブルで敏感肌に・・・

そして最近よく言われるのがいざ乾燥肌になるとお肌のトラブルも多くなります。

今までなかった症状が出る方が多いんですね。
たとえば紫外線を少し浴びるだけで顔がむくんだとか、
今までずっと使っていた化粧品でかぶれるとか・・・・。

 

これは乾燥している肌を軽く見ていると起こるんです。
乾燥したままでいるとお肌の表面が傷つき、
またその傷から水分も蒸発するのでますます肌全体がかさかさ状態に・・・。
そして余計表面に小さな亀裂が入り敏感肌と同じ状態になりやすくなります。

 

保湿力のある敏感肌にも対応する基礎化粧品を見つけましょう

ですので保湿力の高い化粧品を使うのもそうですが、

敏感肌に対応する化粧品を探して試すことが重要です。

 

敏感肌の化粧品は普通肌のモノに比べて、
香料や保存料、パラペンなどアレルギーを起こしやすい物質などを使用していません。
ですので最初から安心して使えます。

 

年齢肌用の化粧品はその部分が最近ではかなり考えられているとは言え、
ご自分の肌に合うものを探していけば、今ならまだその肌の老化を防ぐことができます。

 

乾燥によるトラブルって見た目も大きく変わります。
ファンデーションなどで誤魔化すと余計ひどいことになります。
自分の肌の状態を常に把握して、自分にあったスキンケアをしましょう。

 

刺激の少ない化粧品|おすすめな高保湿化粧品は?トップページへ戻る